--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.01

娘の出産秘話 

このブログを始める時に、記憶があるうちに書きたい事の一つが私が子供達を出産した時の話なんです。

今回は、誕生日もちょうど重なり、この機会に記しておきたいと思います。

まずは娘編・・・・ あっ!長いです。

予定日の1週間前の、早朝より、病院へGo! 

診察してもらったところ、「まだまだですねー」との事で、部屋で待機。

夜になり、陣痛が10分おきにきたもんだから、個室へ移動。

その部屋でベルトを巻いてもらうんですが・・・これが、お腹の赤ちゃんの心拍数?を計るベルトらしく、「生きてまっせー」 という子供の心拍数が聞こえてくるんですね。

すると・・・・ なんか弱まったなぁー、と思ったら、消えたんですよ。

看護師さんが、走ってきて「ずれたんだねー」と言いつつ、音を確認して出ていったんです。

でまた、10分とたたないうちに、消え・・・ また、急いで看護師さんが走って来られる。


んっ?何?何? 大丈夫か?って、思いますよね・・・・


すると、5分もたたないうちに、また消える・・・さすがに看護師さんダッシュ!

部屋の外も、なにやら騒がしいぞーー 

ベテランお婆ちゃん助産婦さんも、無言。。。なんですよ


おいおい!ちょっと待ってくれと! 10ヶ月もお腹に入れてたこの子が!

まさに今から、産まれてくるこの子に何が起きたんだ!と。

すると、看護師さんが 「帝王切開で赤ちゃんを取り出す事になりましたんで、分娩室に移動して下さい」


不安なまま、移動。 

時間は夜の11時過ぎてたのに、次から次に帰ってらした、看護師さんが病院に来られるんですよ。

そうまさに、緊急オペだったのです。

そんな空気を読みとった私も、「こりゃ、ただ事じゃないんだ・・・」 と不安が募るばかり。。。。

だって、手術なんてした事ないんだもーーん(涙) こわいよーー(涙)


で、腰に麻酔の注射。 この時だって、動いてはいけないから、緊張。 

陣痛、こないでくれーー!と願うばかり・・・

「ふぅーー。麻酔が終わったー」 と安心するのも、つかの間。

先生がもう切る段階! 私、思わず










「先生!もう切るんですか?」

とプロに向かって、喧嘩、うりました。


「んっ?! ここ痛いですか?」

「いえ、痛くないです・・・」

「じゃ、大丈夫。 一刻も早く出さないと危険な状態なので、今から始めます」


えーーっ! 私、泣きかぶってました。 半べそ状態です。 パニック寸前でした。


その時に、婦長さんが手をギュッ!と握ってきれて 「大丈夫。大丈夫よ」 と手術が終わるまで励ましてくれたんです。

「後もう少しよ。頑張って。もうすぐ赤ちゃんに会えるけんねー」 とずーーっと。


音は、まる聞こえですからねー 

先生の声や、色んな音が・・・「落ち着いて呼吸してー」 とか言われても・・・


出来ません! 

きっと、手を握ってくれてなかったら、絶対、パニくってました。

10数分の手術も、私には何時間にも感じました。。。

先生達のおかげで、無事に産まれて来てくれた娘でございます。

本当に感謝してます。


手術で寝たきりの私と、保育器の中の娘。 しばしの別れです。。。


んっ? なにやら続きそうな匂い・・・

はい。続きます。



↓↓ ↓皆様の愛と優しさの清き1ポチッを、お願いします。 





 


この記事へのトラックバックURL
http://loveandcar.blog81.fc2.com/tb.php/241-975be68b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お産は一人一人のストーリーがありますよね。
緊急オペとなれば、だれだってビビリますよ。
続き、どうなるのかな。
娘ちゃんは健在なんで安心して読めるけど、ヒヤヒヤしちゃうね。
Posted by tonamiyy at 2008.05.01 15:13 | 編集
おお~、知られざるそのような秘話があったとは・・・
「先生、もう切るんですか!」ってところは、読む前から僕も全く同感でしたよ。^^;
それにその手術に行くまでの緊張感といったらもう・・・

いや~、ドラマだ。。。
Posted by jack at 2008.05.01 22:16 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.05.02 12:26 | 編集
えー。ただいまテスト中

Posted by goodstar at 2008.05.02 16:53 | 編集
おぉ…なんかただならぬ緊張感がヒシヒシと伝わりますぞ!

何を隠そうボク自身も30数年前、帝王切開で産まれて来たので、他人事とは思えません。
ボク自身は産まれた時の事は覚えてないけど(^。^;)
Posted by 茶坊主 at 2008.05.02 18:13 | 編集
tonamiyyさんへ
思い出しながら書いてみたんですけど、やっぱりあの時は、怖かったなぁー
元気に育ってくれてるので嬉しいです^^


jackさんへ
緊張感、伝わりましたか?^^
続きは、ドラマのような事は、いっさいないんですけどねー^^


skyblueさんへ
眉間にシワまでつくってもらって・・・^^
確かに、逃げられないよね・・・
女が強い!って言われるのは、こういう事かもしれないねー


茶坊主さんへ
あらー。茶坊主さんも、そうでしたかー
でも、今の時代の帝王切開よりも、30数年前の、帝王切開の方が、より緊張感ある感じがします・・・
Posted by goodstar at 2008.05.03 01:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。